Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

Binance 7th IEO WINk(WIN)の結果と傾向について

※このページは2019/9/8に更新されました。
ーーー
(2019/9/8追記)
このブログでは4月から8月のバイナンスIEOについてルールと結果を考察しています。
9月以降は参加する優位性が下がってしまったので更新していません。
最新の情報はBinanceの公式サイトを参照ください。
Announcements – Binance
ーーー

こんにちはケネです。

8/1の日本時間19:00に第7回のBinance IEO(WINk)が上場しましたので結果と傾向を確認します。

「Binance IEOに興味があって次回参加してみたい」
「今月は参加できなかったので来月また挑戦するつもりだ」
「今回初参加したけど、思ったより稼げなかった」

という方には参考になると思いますので目を通してみてください。

今回は前回までと比べるとパフォーマンスが下がったと感じた人も多かったのではないでしょうか。

おさらい(前月のElrond(ERD)とのルールの違い)

前回記事(Binance IEO WINk(7th)の参加方法)で纏めていますが、今月のIEOルールは以下の変更がされています。

- BNB保有期間のスナップショット取得時間が0:00(UTC)(日本時間9:00)になった
- BNB保有期間が7日間になった
- MAXで抽選券を取得できるBNB保有量が250BNBに減った

特にBNB保有量は500BNBから250BNBに減少しており、BNBを持っていない人には優しかったのですが、Binance IEO特有のBNB暴騰が発生しませんでした。

BNB保有期間前に一時32.6 USD/BNBをつけたものの、保有期間中は29.65 USD/BNBが最高値でした。

また、供給量は前回の1.8倍に増えています。

Binance IEO(WINk(WIN))は当選確率は減少傾向、上場価格は3.3倍

当選確率は23.87パーセント

Binance公式アナウンスによると当選確率は23.87%でした。

前回のElrond(ERD)の11.07%と比較すると一見増えているように見えますが、抽選券が5倍の配布になったこと、供給量が1.8倍に増えていることから当選確率は減少傾向と言えます。
(抽選参加数ベースで数えてみると前回は約97860枚に対して、今回は約837870枚)

抽選券が5倍になったことから参加者ごとの当選枚数も同じような枚数で落ち着いたと思われます。

上場価格は約3.3倍

WINは8/1の日本時間19:00に上場されました。

下の写真はWIN/BNBの5分足です。

WIN/BNB上場時チャート

WIN/BNBを見ると最初の10分が最高値とここ数回に比べると価格の上昇は少なかったように思います。

場が落ち着いた19:15-20:00の安値は0.00001525BNBとなっており、配布は0.00000455BNBだったので3.35倍はついたと思います。

割り当て量1枚あたりの単価が300USDから30USDと1/10になってしまっているため少なく感じますが、供給量が増えたことを考えると、まずまずの上昇値でした。

まとめ

上記をまとめておきます。

- BinanceのIEO抽選の当選確率は減少傾向にある
- 供給量が1.8倍に増えたが、上場価格は3.35倍だった
- BNB保有量減の影響か、BNBの価格が上昇しずらくなっている

BNBの価格下落はBinance IEO参加の収益パフォーマンスに影響がでるので、注視していきたいところですね。

Binanceはこちらから登録できます。Binance口座開設
私の招待コード[36397991]付きのURLですので、この記事が役に立ったよって方はぜひ登録をお願いします。
※IEO参加時は色々なステップが必要なので、次回参加するなら早めの登録がオススメです。