Binance JEXの仮想通貨FX(Futures)の特徴

※この記事は10/3に更新されました。

こんにちは、ケネです。

Binance JEXのFXの特徴についてまとめました。

  • ETHでレバレッジ取引をしたい
  • 日本の取引所FXは手数料が高いのでいい取引所を探している

方は参考にしてみてくださいね。

  • まとめ
  • スポンサーリンク

    Binance JEXとは

    Binance JEXは仮想通貨FX取引所です。

    BinanceがJEXという仮想通貨FX取引所を買収して誕生しました。

    Binance JEXの特徴

    USDT建てでBTC、ETH、EOSを最大100倍のレバレッジで仮想通貨FX取引できます。

    USDTはTether社が発行しているステーブルコインでUSD(米ドル)の価値に連動します。

    ですのでBinance JEXではUSDに近い価値でBTC、ETH、EOSのレバレッジ取引ができます。

    なお、仮想通貨FX取引(Futures)以外にもオプション取引(Options)、現物取引(Spot)にも対応しています。

    日本語にも対応しており、APIを使って取引をすることもできます。

    Binanceユーザならログインできる

    すでにBinanceの口座を保有している場合、BinanceのユーザIDを利用してBinance JEXのサービスを利用することができます。

    Binance JEXのログインページから「バイナンスアカウントでログイン(英語:Binance User Login)」からログインすることができます。

    Binance JEX Login

    二段階認証(Google Authentication)もBinanceのものを利用します。

    私はまだ利用したことがありませんが、Binance本家の方からFuturesサービスを利用することもできるようです。

    Binance JEX Login

    ※Binanceは日本語対応はしていません。

    Binanceはこちらから口座開設できます。Binance口座開設

    Binance信用取引との違い

    Binanceでは信用取引(Margin Trading)サービスもありますが、規制の影響で日本の居住者向けに解放されていません。
    (一時期解放されていましたが、2019/10時点で日本人には未解放です)

    Binance Maring

    Binanceの信用取引では、信用取引を行いたい仮想通貨を手数料(BTCで0.02%、変動あり)を払って借りることで最大3倍程度のレバレッジ取引を行うことができました。

    日本の仮想通貨取引所FXとの違い

    日本の仮想通貨取引所でFXを提供している会社はいくつかありますが、日本の取引所との違いとして大きく「ポジション管理料」の違いがあげられます。

    日本では固定でLong(買い)でもShort(売り)でも1日0.04%(Liquid by Quoineは0.1%)かかりますが、BInance JEX(や他の海外仮想通貨FX取引所)ではFunding Rateとして、LongまたはShortのいづれかに支払い、反対側は受け取りが発生する仕組みとなっています。
    (ベースはLongが0.01%の支払い、Shortが0.01%の受け取りで市場の動向により変動します)

    仮想通貨FXは取引所独自の市場を利用しており、現物市場との差異が発生しやすいためFunding Rateを変動させることでバランスをとる仕組みになっています。

    日本の仮想通貨取引所でのETHのレバレッジ取引の手数料

    ETHに関しては、取引所形式での取り扱いはLiquid by Quoineのみでポジション管理料が0.1%/1日と高いです。

    販売所形式ではETHはスプレッドが大きいため、購入時にスプレッドとして不利な条件での買い、売り持ちになってしまいます。

    そのため、日本の取引所でのETHレバレッジ取引はコスパが悪いと感じています。

    私はETHに関しては、Binanceをバックグラウンドに持っていて安定性のあるBinance JEXを使い始めています。

    まとめ

    ・Binance JEXはUSDT建てでBTC、ETH、EOSのレバレッジ取引ができる
    ・Binanceの信用取引は現在日本人に解放されていない
    ・日本の仮想通貨取引所でのETHのレバレッジ取引は手数料が高い

    APIの使い方の解説をしようと思ったのですが、導入が長くなりすぎてしまいました。。
    次の記事でAPIの使い方を紹介します。

    Binanceはこちらから登録できます。紹介プログラムで10%のcommission feeを付与しましたのでお得に取引できます。→Binance口座開設

    www.kennejs.com

    www.kennejs.com

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました