Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

Binance IEO 8th Perlin(PERL)参加方法と特徴をサクッと確認

※このページは2019/8/8に作成されました。

こんにちは、ケネです。

8回目のBinance(バイナンス) IEO Perlin(PERL)の詳細が発表されましたのでサクッと参加方法と特徴を確認してみましょう。

前回の第7回のWINkは参加者がバランスよく少額の利益を出せましたが、今回も似たような結果となりそうです。

Binance Launchpadの記事をベースに説明します。

IEO(8th)(Perlin)の参加方法

参加方法の概要は以下です。

  • 当選しなかった場合、AirdropでPERLがもらえる!
  • BNBの保有期間は15日間
  • BNB保有量は500BNB必要(50BNBごとに抽選券を10枚配分)
  • BNB保有期間中の1日のスナップショットは1時間ごとのSnapshotの平均
  • BNB保有量の計算は15日間のスナップショット時の平均保有量(あとから買い増しても間に合う)

当選しなかった場合、AirdropでPERLがもらえる

今回のIEOでは抽選に参加したけど当選しなかった場合、AirdropでPERLがもらえます。

3,874,500 PERL(約300,000USD)の山分けになります。

条件はIEOの抽選券を保有しているが当選していないことです。

抽選券の枚数に応じてもらえるPERLの量が増えます。

8/24と先になりますがTicket claimをしていないと対象にならないと思われますので注意してください。

BNBの保有期間は15日間、BNB保有量は500BNB必要

BNBの保有期間は15日間8/9から8/24の00:00AM(UTC)(日本時間9:00AM)となっています。

BNB保有量は前回のみMAX250BNBでしたが、今回は従来通りMAX500BNBで最大数の抽選チケットがもらえます。

スナップショットは今回から1時間ごとの平均に変更

スナップショットは前回は毎日0:00(UTC)となっていましたが、今回からは1時間ごとに取得されるようです。

計算式は公式サイトのアナウンスより「1時間ごとのスナップショットの合計÷24」となり、1日24回の平均値となります。

1時間ごとのスナップショットとなるため、以前発生していた特定の時間帯でのBNB価格の急落は今回は起きないと思われます。

また、期間中は15日間分のスナップショットを取得しますが、15日間の平均が採用されます。

IEO(8th)(Perlin)の特徴

今回も需給の観点で分析してみます。

前々回の第6回のErlondに近い条件となっていますので、Erlondと比較します。

トークンの単価は300USDから500USDに増加

PerlinのIEO詳細ページから比較していきます。

「Allocation Per Winning Ticket」がErlondの300USDからPerlinの500USDに増えており、当選して配分されるトークン1枚あたりの単価は上がっています。

また、500BNB保有時の抽選券も5枚から10枚に増えています。

供給量、当選数量はやや多い

供給量「Launchpad Hard Cap」はElrondが3,250,000USDに対してPerlinは6,700,000USDと約2.06倍です。

当選数量「Max Number of Winning Lottery Tickets」は13400枚(Erlondは10833枚)となっており当選枚数は約1.24倍となります。

供給量と当選枚数が増えていることから、抽選はやや当たりやすいが大きくは価格が伸びないのではと想定しています。
(Elrondは上場後の価格が配分時の価格の10倍となっていました)

供給量については前回のWINkよりも多いので、WINkの価格上昇率の約3.35倍も参考になります。

申込数や市場の過熱度にもよるので大きく外れる場合もあります。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。
・BNB保有期間は8/9から8/24まで
・1日のスナップショット1時間ごとの平均に変更
・今回は前々回のErlondと比較すると供給量は2.06倍(当たりやすいが価格は伸びない可能性あり)

Binanceはこちらから登録できます。招待コードをつけているのでこの記事が役に立ったよって方は、ぜひ登録をお願いします。→Binance口座開設

当ブログに掲載した情報は全て個人的に調べたものであり、正確性を保証するものではありません。
投資判断は全て自己責任、自己判断でお願いいたします。当ブログの情報によって生じた損害の一切の責任を負いかねます。