IEO取り扱いのある海外仮想通貨取引所まとめ

※このページは2019/5/18に更新されました。
(2019/5/18追記)Binanceハッキングについて
Binanceのハッキングに対応したセキュリティアップデートが5/15に実施されました。
停止していた入出金もすべて再開されており、現在、問題なく運営されています。

IEO(Initial Exchange Offering)を実施している海外仮想通貨取引所についてまとめました。

IEOを実施している取引所に片っ端から登録して稼ごうと思いましたが、調べてみるとなかなか難しそうかなと感じました。

結論から言ってしまうとBinanceから始めるのがおすすめです。

日本からだと参加できなかったり、配分方式も抽選や先着など複数あって慣れない人は取っ付きづらい状況となっていますので参考にしてみてください。

IEOを実施している取引所の特徴

以下の表の通り、IEOのルールは取引所によって特徴があります。

IEOに参加できる仮想通貨取引所
※他にも実施している取引所がありますが、規模が小さいものは省いています。

5/1追記
KuCoinの配分方式は5月実施のTrias (TRY)から抽選方式に変更になりました。

IEO申込時の通貨

IEO申込時の通過ですが、取引所発行のトークンを使う場合と、BTC、ETHなどの既存のブロックチェーンのトークンを使う場合があります。

主要な手法は取引所発行のトークンを使うことでBinanceのBNBやHuobiのHTなどが該当します。

取引所としては自社のトークンをユーザに購入してもらうことで、取引所の取引量を増やすことができます。
(取引量を増やすと手数料収入が増えます)

取引所トークンはIEO実施時に向けて大きく価格をあげる傾向にあるので、購入タイミングが難しいというデメリットがあります。

取引所トークンは3月に暴騰状態、4月は下降状態の傾向です。

日本からの参加可否

取引所によっては日本の規制に対応していないために日本人向け(日本居住者)にサービスを提供していない取引所があります。

KuCoinやHuobi(Grobal)は明確に日本人向けにサービスを提供していないと通知しているため、KYC(身分証明)で弾かれることになります。

IEOの参加条件としてKYCが必要な場合が多いので、KYCで弾かれるとIEOに参加できません。

その他の上の表にあげた取引所は明記されていないので、日本人でもIEOに参加することができます。

IEOの配分方式

IEOの配分方式は先着や抽選、オークションなど取引所によってばらつきがあります。

先着の場合は数秒から数十秒で売り切れてしまうのと、取引所トークンの場合トークンが投げ売りされて価格が下落するので、現状かなり厳しいと言えます。

Binanceは4月実施のIEOから抽選(20日より前に100BNB以上のBNBを保有している条件あり)に変更となります。

BitMaxのオークションはわかりづらいのでおすすめしません。

また、OKExは4/10実施のBlockcloud token saleで1秒で完売したそうなので、様子見です。

取引量が多くて信頼できる取引所の選び方

IEOを調べてみると日本からだと馴染みのない取引所がたくさん出てきますが、多くの取引所が取引所トークンを利用している以上、選別したいですよね。

表面的には仮想通貨取引所は取引量ベースでランクづけされているのですが、BitWiseという会社が調べた実際の取引量という資料があります。

https://www.sec.gov/comments/sr-nysearca-2019-01/srnysearca201901-5164833-183434.pdf

22ページに表面的な(虚偽と思われる)取引量ベースのランキング、60ページに虚偽と思われない(適切な公表をしている)取引所名が記載されているので、参考にしてみてください。

これによると、上の表で適切な公表をしているのはBinance、Bittrexとなります。

IEOを始めるならBinanceがおすすめ

配分方式や2019年の実績からBinanceがおすすめです。

Binanceはこちらから登録できます。招待コードをつけているのでこの記事が役に立ったよって方は、ぜひ登録をお願いします。→Binance口座開設

Bittrexは前回のVeriBlockが1.5倍の上昇とあまり伸びていませんが、BTCで申込できることもあり、IEOに参加しやすい取引所であると言えます。

4/28追記
Bittrexの4/30のIEO Ocean Protocolも悪材料が多いようです。
Bittrex IEO参加の際はプロジェクトを事前に調べてから参加しましょう。


当ブログに掲載した情報は全て個人的に調べたものであり、正確性を保証するものではありません。
投資判断は全て自己責任、自己判断でお願いいたします。当ブログの情報によって生じた損害の一切の責任を負いかねます。


バイナンスの抽選方式変更後のIEO参加方法はこちら
www.kennejs.com