Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

【意外に不便】ルンバでどのぐらい時短ができるのか(確認したいルンバ活用のポイント)

先日ルンバの充電コードが故障(断線)してルンバが使えなくなりました。

ルンバが使えなくなって生活がめちゃくちゃ不便になると思いましたが、むしろ生活がシンプルになったのでルンバで困っている向けに共有したいと思います。

これからルンバを買いたい人向けですが、tipsというよりはルンバって本当に時短できるのかのレビュー記事です。

ルンバで時短できるポイント

ルンバで時短できるポイントですが、掃除機を使っている時間のみを短縮することができます。

掃除機をかける時って、床に落ちていたほこりやゴミを吸い取るだけではなく、物を本来あるべき場所に戻したり、物を避けながら掃除機をかけるという物の移動が不可欠です。

ルンバはそういうことはできませんので、床に物がない状態の時のみ、時短することができます。

ルンバの購入の前に、自分が掃除機を使っている時間がどれぐらいか考えてみてください。

我が家の場合は他の時短家電(食器洗い乾燥機や乾燥機能付きドラム式洗濯機)に比べると時短度が低いです。

我が家は部屋が小さく掃除機を使う場所・時間が少なかったので、ルンバがなくてもほぼ時間は変わりませんでした。

ルンバは部屋を超えられない(ルンバのデメリット)

ルンバは小さいブラシを使って掃除をしたり、ゴミを入れておく場所があったりで、大きさの割に掃除に時間がかかります。

8平米(一般的な2DKの一室ぐらいの大きさかな)で10分ぐらいかかります。

なので、基本的に外出中に掃除をしておいてほしくなるのですが、いくつかのデメリットによりそれが実現できません。

ルンバは段差に弱い

まず、ルンバは段差に弱いです。

ルンバは2cm以上の段差を超えられないので、部屋に小さい段差があると超えることができません。

降りれるけど上れない感じです。

完全に部屋の切れ目がフラットであれば意識しなくても大丈夫ですが、少しでも段差があるとうまく掃除してくれません。

段差があると、人が持ち上げるという手数が発生します。

ルンバは物を避けられない

ルンバは物を避けることができません。

壁と認識してしまったり、そのまま押し込んでしまったりします。

特に小さいものはなくなってしまうので注意が必要です。

物が床にある部屋は基本的にはルンバを自動で動かすことができず、酷い場合は物を避けながらルンバを動かすことになります。

ルンバは常に充電が必要

ルンバは充電していないと数日後には電池切れで動かなくなります。

ホームベース(充電台)を部屋の片隅に確保しておかないと電池切れで自動で起動しません。

ホームベースを部屋に確保するのも難しいですし、なんとなく動いてしまうので設置が後回しになりがちです。

時短家電はおすすめ

ルンバはこういう人なら時短できるかも(購入する前に確認したいポイント)

我が家にはルンバは合いませんでしたが、これから買う人は以下のポイントを満たしているか確認してみてください。

・ルンバを動かしたいスペースに段差がない
・ルンバを動かしたいスペースに床に物が常に置かれていない状態にできる
・ホームベース(充電台)を置くスペースが確保できる
・上記3つを満たしていて、掃除機をかけるのが手間

こういう理想的な家はあるのでしょうか。子育て世代にはなかなかないと思います。

おすすめ時短家電

ルンバは意外に時短にならないのではないか、というレビュー記事を書いてみました。

ただ、育児やってると少しでも自分の時間がほしいので、時短家電自体は使えるものは絶対に使いたいと思っています。

「食器洗い乾燥機」や「乾燥機能付きドラム式洗濯機」はあまり制約がない上に自動化の範囲が広い(洗いから乾燥まで)のでおすすめです。

特に子育て世代には強い味方になってくれます。

毎日動かす上に水回りなので延長保証も忘れずに。