Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

今からMacbook Proを買うのは避けた方が無難かも。。Flexgateの罠!

※この記事は2019/7/7に更新されました。

(2019/7/7コメント)
・MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
・MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
については修理プログラムがアナウンスされました。
修理プログラムでFlexgateが治りました!


以下記事で修理プログラムの流れを解説しています。
https://www.kennejs.com/entry/flexgate-macbookpro2016

少し前からMacbookPro2016が笑えない事態に陥ってます。
MacbookProを買おうか悩んでいる人は絶対に知っておくべき事象です!

というか、避けた方が無難ではないでしょうか。

Macbook Proで急に画面がつかなくなった

最初に気づいたのはMacbook Proで急に画面がつかなくなったことでした。

ネットで調べて切り分けは内臓ディスプレイ接続の不調(SMCリセットなどなど)とのこと。
しかし、どのやり方でも治らない。。

Macbook Proを少しだけ開いた状態で電源をつけてみる

どのやり方でも治らない人はMacbook Proを少しだけ開いた状態で電源をつけてみてください。
もしその状態でついた人はFlexgateかもしれません。

Flexgateとは

Macbook修理サイトのIFIXITのサイトに詳しく書かれていますが、FlexgateはPC本体とディスプレイを繋ぐケーブルが経年劣化により損傷するとMacbook Proを開いた際に画面が表示されなくなる事象です。

ケーブル自体は本来交換可能なのですが、新しいMacbook Proはディスプレイとケーブルが一体化しており、ディスプレイ交換(約60000円)が発生するとのこと。
2016年以降のMacbookProが対象です。

私は購入1年が経過しており、Apple Careに加入していなかったため、アウトです。

f:id:aonion2:20190215012023j:plain

この角度でアウトです。

Apple Careに入っていればよかったのか

ですが、Apple Careに加入していればよかったのかというと、ケーブルの経年劣化が原因のため、購入3年以内に発生する保証がない。

交換しても、また数年で再発する可能性がある。リスクがある以上、Apple Careで防げるレベルの話ではないですね。

まだまだ新しく発生したばかりの事象なので大人しく静観するしか方法がない状況です。

Apple Careに加入する基準

Apple Careって高いですよね。
でも、今回の件だけのせいではありませんが、Apple Careは絶対入った方がいいです。

デザインを優先していて壊れやすいのと、Macbookってめちゃくちゃポータビリティいいので、持ち運ぶ機会が絶対に増えます。(その分壊れやすい)

修理代も高いので3年間は短いですが、Macが嫌いにならないためにも保証つけておきましょう。

MacbookProを買おうか悩んでいる人は気をつけてくださいね。