Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

Node.jsの各種バージョンを最新化する

macOSやLinux上でNode.jsのバージョン確認を行う方法です。

Node.jsのバージョンアップデート

Node.jsのバージョン確認

node -v
v10.13.0

Node.jsのバージョンはnodejsのGithub(リリーススケジュール)から確認できます。

f:id:aonion2:20190109055808p:plain

2019年1月現在は10.XがActive LTS(最新版)です。
End-of-lifeが過ぎたものは使用しないようにしましょう。
11.xがcurrent releaseなのでもう少ししたら11.xが主流になりますね。

10.xをクリックすると現在は10.15.0が最新のマイナーバージョンとわかります。
こちらも適宜あげておきましょう。

f:id:aonion2:20190109055831p:plain

バージョン番号の表記

ご存知の方も多いと思いますが、バージョン記載の方法はv[メジャーバージョン].[マイナーバージョン].[ビルドバージョン]となります。


特にメジャーバージョンの変更は慎重に行った方がいいです。
Web関連のバージョンアップでは結構書き方変わったりで動かなくなったりするので、ローカル環境でテストしてからアップデートが必須です。

Node.jsのバージョンアップデート

バージョンのアップデートはnっていうパッケージが使いやすいです。
nのGitHub

//インストール
npm install -g n

//バージョンリストを確認
n list

//10.15.0に更新
sudo n 10.15.0

パッケージ管理ツール(npm)のバージョンアップ

npm公式サイト
npm自体も忘れずに最新化しておきましょう。

//npmのバージョン確認
npm -v

//npmを最新版にアップデート
npm install -g npm@latest

パッケージを更新

続いてnpmでインストールしたパッケージたちのアップデートです。

//インストールされているパッケージリストを出力
npm list --depth=0 //「--depth=0」でtopレベルの階層のみ表示

//現在のパッケージの最新版を確認
npm outdated

//パッケージを一括更新
npm update

公式サイトより、npm v5.0.0以降であればpackage.jsonにも保存されます。保存させたくなければ--no-saveをつけます。

一括更新が不安であれば一つずつ更新しておきましょう。

//パッケージを個別更新
npm install xxx --save

これで一通りのバージョンアップ対策ができました。お疲れ様でした。

英会話