Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

Kindleを買ったらKindleカバーも買う必要があるか(体験談)

明けましておめでとうございます。
2019年の目標は立てましたか。今年も暗号資産やAIやWeb技術に面白い一年になるといいですね。


今日はKindleカバーに関する記事です。


kindleの買い方は色々あるので他のネット情報を参照してほしいですが、カバーに関する記事はほぼなかったので書いてみます。

ちなみに、「Amazonプライム」加入で4000円引きで買うのが主流かと思いますが、「Amazonプライム」加入していないときは、加入している人にプレゼントしてもらうという方法もあるみたいです。
(私は「Amazonプライム」に加入して1年で辞めました!)

Kindleカバーって必要か

みなさんはKindleカバーをつけていますか?

スマートフォンは割れたりするの怖いしファッション性もあるのでみなさんつけていると思います。
でも、Kindleって割れそうにないし、そのままでも違和感ないしで悩みますよね。

結論から言うと、よくわからない人は「買った方がいい!」です。
ここからは私の体験談になりますので、参考にしてください。

Kindle画面の割れやすさ

Kindle画面って割れます。画像はこちらです。2箇所も割れています。

f:id:aonion2:20190101090403j:plain

スマホみたいなパリッと割れるというよりは、傷がついてとバックライト漏れが発生してる感じです。


明るいところではいいですが、暗いところだとかなり気になります。


Kindle画面の修理しやすさ

スマホだとiphone6Sとかで16000円ぐらいで修理できますが、Kindleって修理できる店があまりありません。

16000円だと買った方が安いですし。修理ができなくて買い直しってなんか勿体無い気がして変えられません。

Kindleカバーの値段

Kindleカバーって公式だと4000円とかしますが、安い製品だと1000円ちょいで買えます。

私は昔4000円で買ってしまいましたが、最近はKindleが普及したこともあり、カバーも安いです。


私が買ったのは下のものです。特に不自由もないので早めに買っちゃった方がいいと思います。

英会話