MongoDBの起動方法、起動エラーの対処について(error number 100)

はじめに

MongoDB起動ではまった際のメモとなります。

MongoDBに不慣れな方の参考になれば嬉しいです。


MongoDBの起動方法

MongoDBサーバ(mongod)起動

フロント起動(DB操作は別のターミナルで操作)の場合のコマンドは以下です。

sudo mongod --dbpath /var/lib/mongo --logpath /var/log/mongodb.log

MongoDBサーバ(mongod)永続起動

バック起動のコマンドは以下です。--forkオプションで永続的に起動するので同一のターミナルで操作可能となります。

sudo mongod --fork --dbpath /var/lib/mongo --logpath /var/log/mongodb.log

DB操作

mongo
//うまく起動すると「>」が出る
>

MongoDBサーバ(mongod)停止

mongo
use admin
db.shutdownServer()
exit

もしくは

pgrep mongo
sudo kill xxxxx

起動エラーの対処法

error number 100

sudo mongod --fork --dbpath /var/lib/mongodb --logpath /var/log/mongodb.log

ERROR: child process failed, exited with error number 100

error number 100はmongodプロセスで何らかのエラーが発生した場合のエラーコードです。DBのパス不正の可能性が高いです。
「--dbpath」「--logpath」で指定しているパスが正しいか確認してください。
「ls /var/lib」やmongod.confから正しいdbPathを確認できます。

sudo vi /etc/mongod.conf
//ファイルの中身の「dbPath」を確認
dbPath: /var/lib/mongo
<<

上記でMongoDBは起動できますが、DBの中身がないときは別のディレクトリにデータが保管されています。

Macの場合は/usr/local/の下にvarディレクトリがあったりするので探してみてください。(私は/usr/local/var/mongodbというフォルダにありました。。)


ビットコインを購入するならBITPOINT
BITPOINT