Node.jsで暗号資産アービトラージ

ビットコイントレード中心にNode.jsで実際に作るためのレシピ

TOEICで800を取るために実践した勉強法

仕事で英語の必要性を感じてきているので、英語記事を書いてみたいと思います。

 

私は国内大手SIer勤務なのですが、部署によっては全く英語に触れることはありません。ただ、会社を出て勉強するとなると英語での情報取得が必要だったり、英語での講義を聴講することになったりと英語はほぼ必須となっている実感があります。

 

そもそも仕事でもプロジェクトによっては英語必須になってきているので変化を感じます。

 


そんな中で英語の勉強ってある程度効率のいい方法が見えてきていると思ってますので、その共有をしてみようと思います。

 

この記事はTOEIC編です。

 

私のスコアは820なので800を越えるまでのプロセスを記載していきたいと思います。
海外ドラマを見たり、アルク社のヒアリングマラソンやってみたり色々やってますが、TOEICに効果があったものだけ紹介します。

 

まだ持ってない人はなかなか取れなくてもどかしいと思いますが、勉強法を間違えなければ絶対に取れますので諦めないで挑戦してください。

 

ちなみにTOEICは仕事の役に立たないという意見もありますが、800を取る英語力があればミーティングで会話していることを理解したり、英語文書やネット記事を読んだりは問題なくいけます。英語学習の基礎は鍛えられますし、会社内でも認知されるスコアなので十分に取る価値あると思います。

 

勉強法

勉強法は「スキル」+「単語」+「文法」->「公式問題集繰り返し」でいけます。

ちなみにストイックな勉強法なので、モチベーション維持は重要です。

 

会社で要求されたみたいな理由だとなかなか難しいかもしれませんが、自分で「TOEICで800取りたい!」みたいに思えるとその考えだけでも勉強を続けていけば達成することができると思います。ただし間違った勉強法では達成できないので注意です。

あと、モチベーションが下がったら一度きっぱりやめてしまっても大丈夫です。
私の経験上、当然一時的に英語力は下がりますが、一度覚えてしまうと取り返すのにかかる時間は少なく済みます。

だいたい大企業だと年2回社内TOEICがありまして、1年に1回か2回、直前に3ヶ月ぐらい勉強すれば数年で達成できると思います。

 

スキル

TOEICには残念ながらTOEICを解くためのスキルが必要です。TOEICは2時間で100問を解く必要があり、スピードが必須です。問題読まなくても1秒で解けてしまう問題がTOEICにはあります。2時間という時間制限がありますのでそういう問題は一瞬で解いてしまいましょう。

 

「新TOEICテスト直前の技術」をまずは読んでみてください。他のスキル本は読まなくてもよいと思います(1冊で十分)

 

大学受験で英語の基礎力があればこの本を習得できるだけで500はいけます。 

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ

  • 作者: ロバートヒルキ,ポールワーデン,ヒロ前田
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 24人 クリック: 271回
  • この商品を含むブログ (49件) を見る
 

公式問題集繰り返し

そして新公式問題集ですが、TOEICの王道とも言える勉強法なので、ぜひ取り入れてほしいと思います。

 

公式問題集はTOEIC運営が作成しているので、通常の予想問題集よりも本番に近く、かつ、リスニングの音声が本番と同じとなっていますので、めちゃくちゃTOEICに効きます。

 

新公式問題集ですが、繰り返し解くことに最大の効力があるので、これからの勉強のライフワークになります。新公式問題集は1-6までありますが、最近の傾向に近いので6からがいいです。、私は1つの問題を30回繰り返して、6->5->4ぐらいでおそらく800は越えました。 

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

新公式問題集のおすすめの活用法

Partは分割しても大丈夫なので1つの問題につき30回は繰り返します。

そしてスキルを実践して身につけてしまいましょう。10回ぐらいで、全問正解になるはずであとはひたすらわかる問題を解く感じになると思います。

 
ちなみに、2時間使ってTOEICの模試として使う方法はおすすめできません。挫折します。なるべく楽に続けられる方法を見つけてください。

 

私は電車で朝Part2,3,4、帰りにpart7みたいにやってました。習慣化できるし、2ヶ月ぐらいで30回は達成できちゃいますのでおすすめです。

 

 

単語

あとは、単語と文法です。

TOEICでは実は大学受験で必要な単語数よりも必要な語彙は多いので、単語の暗記は必須です。とはいえ、1冊覚えれば十分です。あまり難しいことを考えずに英語の意味がわかる、ぐらいでいいと思います。 

お勧め書籍は単語量が豊富なキクタン800です。CDは使っていません。

【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 800

【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 800

 

 

文法

文法もTOEIC Part5,6のスコアをアップさせるためには必須です。

文法はTOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継をやりました。

 

TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継

TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継

 

 

650?と思うかもしれませんが、知らない部分も多かったし読みやすいのでおすすめです。 

 

ぜひ800取得して世界標準への一歩を踏み出しましょう!

英会話